チンチン電車が走り水族館や鉄道博物館もある大型都市公園

梅小路公園

梅小路公園
梅小路公園

1995(平成7)年に開園した都市公園。約13.7ヘクタールの広々とした園内には、遊びの場、憩いの場、学習の場など、様々に楽しめる場所が詰まっている。

梅小路公園
梅小路公園

子どもたちに人気は「すざくゆめ広場」。大型複合遊具をはじめ、長さ14mの滑り台や高さ6mもあるロープ型のジャングルジムなどの楽しい遊具がそろっている。チンチン電車の駅舎もあり、土・日・祝、月曜日を除く夏休み期間にはレトロな車両が広場内を走る。第2・第4土曜日には、「梅小路プレイパーク」も開催される。

梅小路公園
梅小路公園

夏になると、人工の小川や池で水遊びを楽しめる「河原遊び場」も人気だ。周囲にはムクノキやネムノキなどの樹々も植えられているので、木陰でゆっくりと子どもたちの姿を見守ることができるのも嬉しい。

梅小路公園
梅小路公園

「市電ひろば」にはプラットホームが設置されていて、大正時代や昭和時代に製造された4両の市電が並んでいる。そのうちに1車両は市電カフェになっていて、京都美山牛乳を使った「美山牛乳ソフトクリーム」や、吊り輪の形をした「カタカタつりわぱん」などをいただくことができる。市電ショップでは、電の絵が描かれた「鉄シタ」や「ハシ鉄」など、オリジナルの京都市電グッズも販売しているのでチェックしてみよう。

梅小路公園
梅小路公園

面積2.3ヘクタールの「芝生広場」は、ボール遊びをしたりお弁当を広げたり、自由に過ごすことのできる広場。一方、公園のメインエントランスである「七条入口広場」はケヤキ並木が続いており、イベントが随時開催される広場だ。また、「京都水族館」や「京都鉄道博物館」といった大型施設があり、楽しみながら様々なことをと学べる環境がそろっている。こちらでも、ワークショップなどイベントが盛りだくさんだ。

梅小路公園
梅小路公園

「梅小路公園」には、京都の作庭技術や技法の粋を結集して作られた池泉回遊式庭園「朱雀の庭」や、生き物の生息空間を再現した「いのちの森」など、ゆったりと散策する空間もいっぱい。子ども連れはもちろん、大人だけでのんびりと訪れるのもいいだろう。園内にはレストランやカフェもあるので、手ぶらで出かけても1日ゆったりと楽しめる。

梅小路公園
所在地:京都府京都市下京区観喜寺町56-3 
電話番号: 075-352-2500
http://www.kyoto-ga.jp/umekouji/

詳細地図