京都駅へ1駅4分。美しく整備された丹波口エリア

京都駅へ1駅4分。美しく整備された丹波口エリア

「丹波口」駅周辺は、都市機能更新(土地区画整理)事業によって街の整備が進んだエリア。広い歩道や自転車道の設けられた五条通(国道9号)のほか、防災機能を備えた近隣公園も設置されており、優れた都市基盤が魅力となっている。歴史的な面では、「丹波口」駅の南の一角は、江戸時代に栄えた日本最古の花街「島原大門」があった場所として知られている。国の重要文化財に指定されている建物もあり、当時の面影を感じながら情緒ある街並みの散策も楽しめる。

◆新駅開設で街の魅力もさらに向上

また、このエリアは「京都駅周辺地域」として、「都市再生緊急整備地域」にも指定。2012(平成24)年に「京都水族館」、2016(平成28)年に「京都鉄道博物館」が続々とオープンし、京都の新たな人気スポットとなっている。さらに、JR山陰本線(嵯峨野線)の「京都」駅と「丹波口」駅の間には、2019年春に「梅小路京都西」駅が設置されることが決定している。場所は、梅小路公園の北側、七条通りと嵯峨野線が交差する地点。周辺の交通アクセスはますます良くなり、街の利便性のさらなる向上が期待されている。

◆京都駅へ1駅4分の利便性を享受

「丹波口」駅エリアは、京都市の都心部に近く、JR「京都」駅からJR山陰本線(嵯峨野線)でわずか4分という場所にある。新快速電車で大阪方面への通勤・通学も便利なほか、新幹線で名古屋・東京方面や、広島・博多方面への移動もスムーズ。また、エリアの北には阪急電鉄京都線の「西院」駅や、京福電鉄嵐山線の「四条大宮」駅などもある。

このあたりは起伏が少なく道がフラットなので、徒歩や自転車での移動もおすすめ。市街地エリアには、駐輪場も複数設けられている。自転車で「京都」駅へは、五条通を東へ進み、「堀川五条」から堀川通を南へ、「堀川塩小路」を東へ行って約15分。「四条河原町」へは、五条通を東へ「河原町五条」まで進み、そこから北上すれば20分ほど。買い物であれば、五条通を西へ5分ほどで「イオンモール京都五条」到着できる。

また、バスも本数が多く、市街地へのアクセスも快適。最寄りの「西大路花屋町」バス停からは、京都駅行き、四条烏丸行き、円町行き、金閣寺・北大路バスターミナル行きなどのバスが頻繁に運行されている。

自動車交通も快適で、「丹波口」駅のすぐ北側を通る「五条通(国道9号)」は、京都市内を東西に通っている主要幹線道路。道幅も広くて走りやすい。エリア南側には「名神高速道路」も通り、各方面への車でのアクセスにも好都合だ。

◆生活に根差した商業施設も充実

丹波口エリアは日常使いできるお買い物施設が徒歩圏内に充実。特に夜12時まで営業している「セントラルスクエア 西大路花屋町店」や24時間営業の「フレスコ 七条店」などは仕事が遅くなった時でも利用できるので便利。

さらに2016(平成28)年4月にリニューアルオープンした「イオンモール京都五条」や、主要幹線道路の「五条通」にはスターバックスと蔦屋書店が融合した「平和書店 TSUTAYA 京都リサーチパーク店」など人気のショップも身近に立地している。

また、商業施設が集積する「京都」駅へも電車ですぐ。駅前には、家電をはじめファッションやスポーツ用品など多数の専門店がテナントとして入る「京都ヨドバシ」や、ハイファッションのほか地下1・2階の食料品も売り場も人気の「ジェイアール京都伊勢丹」、雑貨やお土産屋も充実の「京都駅前地下街 ポルタ」などがあり、ショッピングを楽しむことができる。

◆公園めぐりも楽しめる

子どもが遊べる公園が数多くあるのも、この地域の特長。「石ヶ坪公園」は駆けっこも十分できる大きさで、いろいろな遊具が揃う。「壬生檜公園」は、「ライフ 壬生店」の北側にあり買い物のついでに遊ぶのもおすすめ。

「ローム本社」の南側には、毎年冬に開催される光のイベント「ロームイルミネーション」の会場にもなる「名倉公園」が立地。「丹波口」駅のすぐそばには、五条通の南側にある「中堂寺児童公園」と、五条通の北側にある「光徳公園」の2つの公園がある。エリア周辺にはほかにも小さな公園が点在するので、気分に合わせて、いろんな場所で遊ぶことができる。

また、京都らしい歴史ある寺社仏閣を訪ねるなら「東本願寺」や「西本願寺」へ。巨大な「御影堂」や「阿弥陀堂」は圧巻。両寺院は、国宝や重要文化財も多数保有している。「西本願寺(龍谷山 本願寺)」から東へ一筋入った油小路通沿いにある「本願寺伝道院」も、重要文化財のひとつ。1912(明治45)年に竣工した近代建築で、ドーム型の屋根や赤レンガの壁は建築ファンを魅了する。

ほかにも、「TOHOシネマズ 二条」や「京都水族館」など、家族でもカップルでも楽しめる施設が充実。「京都水族館」の目の前には「梅小路公園」という広い公園があり、休日にはイベントも開催される。家族で訪れた子どもたちの遊ぶ姿や、芝生広場でお弁当を広げる姿をよく目にする。

◆感度の高いグルメもそろう

京都と言えばグルメも見逃せない。丹波口エリア周辺には京料理の「いはら田」「八清」や、イタリアンレストラン「プッチーロ (PUCCIRO)」「ピッツァ メルカート」など、家族やカップルで楽しめるお店も充実。さらに、パン屋「樋口金松堂」やかき氷専門店「鹿の子」など休日に友人とふらっと立ち寄れるお店があるのも嬉しい。