京都下鴨に暮らす

世界遺産のお膝元で楽しむ和モダンな暮らし、下鴨エリア

鴨川
鴨川

左京区の南、「鴨川」を挟んで上京区と接する下鴨エリア。「賀茂川」と「高野川」が合流する地であり、「鯖街道」「若狭街道」「山中越」の3つの主要な街道の出入口として重要な場所だった。そして「下鴨神社」の門前町として栄え、「京の七口」の一つ「大原口」と呼ばれたほか、京都の出入口として「出町(でまち)」とも呼ばれた。

街のシンボル、世界遺産「下鴨神社」

賀茂御祖神社
(下鴨神社)
賀茂御祖神社 (下鴨神社)

下鴨エリアには、さまざまな歴史・文化スポットが点在する。その中のひとつ「賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ、下鴨神社)」は、「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」とともに賀茂氏の氏神を祀る神社。1994(平成6)年には、「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産にも登録された。静謐な空気が流れる長い表参道を通り抜けると、まず現れるのが、美しい朱塗りの鳥居と楼門。その奥には、国宝の東本殿・西本殿をはじめ、複数の重要文化財の社殿がある。この神社は、京都三大祭りのひとつ「賀茂祭(葵祭)」が行われることでも有名。

糺の森
糺の森

神社の南側には一帯が山城国(山代国・山背国)と呼ばれていた頃から残る原生林「糺の森」がある。その広さは12万4千平方メートルと広大で、「下鴨神社」とあわせて世界遺産に登録されている。小川も流れ、潤いある景観が楽しめる「糺の森」は、散歩や散策にもぴったりだ。

「出町柳」は今も昔も交通の要衝

出町柳
出町柳

かつて、京都の出入口として「出町」と呼ばれ交通の要衝であった周辺エリア。明治後期に京都電気鉄道(のちの京都市電)の寺町線、出町線が開業。大正時代には叡山電鉄が鴨川の対岸に「出町柳」駅を開業し、鉄道交通でも要衝となった。大正後期には「河原町通」の拡幅により、京都市電の寺町線は廃止、河原町線が開業となっている。1989(平成元)年には京阪電鉄の鴨東線が開通により、始発駅として「出町柳」駅が開業。現在の鉄道網が整った。この鴨東線は京阪本線に乗り入れているため、大阪の中心部である「京橋」駅、「北浜」駅、「淀屋橋」などに50分前後でダイレクトにアクセス可能。また、始発駅のため、並べば着席して乗車できるのもうれしい。2017(平成29)年8月20日(日)には有料座席指定車の「京阪特急プレミアムカー」も導入され、さらに快適になった。

バス路線網も充実している。「出町柳駅前」停留所からは、「四条河原町」「京都駅」「上賀茂神社」「北野天満宮・金閣寺」「百万遍・祇園」などへ向かうバスが数多く運行されており、通勤や通学、ショッピング、観光など多方面にアクセスしやすい。地下鉄と市バスを組み合わせれば、京都のさまざまな観光名所へも快適に訪れることができる。プリペイド式の乗車券「トラフィカ京カード」なら、地下鉄と市バスの乗り継ぎ割引もある。

歴史と文化を日常に取り込む暮らし

相国寺
相国寺

エリア周辺は「下鴨神社」をはじめ、東には「知恩寺(百万遍知恩寺)」、西には「相国寺」もあり、京都の奥深い歴史を体感しながら暮らせる街。「知恩寺(百万遍知恩寺)」は毎月15日に開催される「手づくり市」が有名。アクセサリーや雑貨の作家作品や、普段店舗で営業している人気ベーカリーの出店などもある。「相国寺」は、「金閣寺」や「銀閣寺」を塔頭にもつ臨済宗相国寺派大本山。江戸時代の絵師である伊藤若冲ゆかりの寺院としても知られており、境内にある「承天閣美術館」では、若冲のほか、長谷川等伯、円山応挙の作品なども所蔵している。

寺町美術通り
寺町美術通り

また、鴨川の西を通る「寺町通」沿いは寺院が集まる通りのため、墨・筆・和紙などの老舗が多い。古美術店・骨董店やギャラリーも並び、高い文化性が感じられる。近年では、「京都御所」付近から「丸太町」にかけてを「寺町美術通り」と呼ぶこともあり、街歩きを楽しむ人も見かける。古くからの交通の要衝であった「出町」には、老舗の商店が多いほか、「鯖街道」の鯖や京野菜を扱う青果店や漬物店もあり、地域の歴史や伝統を感じることができる。

鴨川公園(賀茂大橋付近)
鴨川公園(賀茂大橋付近)

また、下鴨エリアは自然も豊富。「鴨川」と「高野川」が合流する「鴨川デルタ」と呼ばれる一帯は、「鴨川公園」として整備されており、河川敷では雄大な水と緑の環境を満喫できる。川の対岸から対岸までを結ぶように架けられている飛び石は、大人にも子どもにも人気の遊び場。川沿いの遊歩道では、ウォーキングやジョギングを楽しむ人も多い。

いつかは行きたい、そんなお店を普段使い

茶寮 宝泉
茶寮 宝泉

「下鴨神社」周辺には、ミシュランガイドで星を獲得した懐石料理店やフレンチのお店など、格式高いお店が多く集まっておりグルメの楽しみも多い。「下鴨茶寮」は1856(安政3)年創業の京料理の料亭。落ち着いた佇まいの中、美しいお庭を見ながら会席料理をいただくことができる。「茶寮 宝泉」は日本家屋のお座敷が自慢の和スイーツのお店。わらび餅が有名で、キラキラ輝くぷるんとした触感が絶品で、観光シーズンには行列ができる。また、近年は京町屋をリノベーションしたカフェなど、おしゃれで雰囲気の良いお店も点在している。地元で人気のベーカリーでお気に入りのパンを買って、鴨川の河川敷に腰かけてのんびり味わうのもおすすめ。

あわせて読みたい。関連ページ