西京極総合運動公園

西京極総合運動公園
西京極総合運動公園

1942(昭和17)年に、昭和天皇御成婚奉祝記念事業として誕生した総合運動公園。広い敷地内に陸上競技兼球技場、補助競技場、野球場、体育館、プール施設などが点在する。1946(昭和21)年に第1回国民体育大会を開催。1988(昭和63)年には京都国体や身体障害者スポーツ大会のメイン会場となった。陸上競技場兼球技場では全国規模の陸上競技が開催されている。2012(平成24)年から始まった京都マラソンや全国高等学校駅伝競走大会、皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝のスタート地点として利用されている。また、サッカーJリーグの京都サンガFCのホームゲーム、ラグビートップリーグ、アメリカンフットボール大学リーグなど、さまざまな球技の大会も開催されている。

補助競技場
補助競技場

補助競技場は、単独での大会利用のほか、大規模な大会開催時にサブグランドとして利用されている。フィールドは天然芝で、サッカーやラグビー、アメリカンフットボールなど、さまざまな球技が可能。また、グランドゴルフやターゲットバードゴルフなど、地域のスポーツ活動にも利用可能。競技大会のない日には、個人でトラックを利用することができる。

わかさスタジアム京都
わかさスタジアム京都

わかさスタジアム京都は、プロ野球の公式戦や女子プロ野球、ソフトボールの日本リーグのほか、少年野球や高校野球などアマチュア野球の大会まで開催される野球場。両翼100m、センター117mの球場で、内野は黒土、外野は天然芝。ナイター設備や室内練習場を完備。室内練習場は単独でのレンタルも可能。

ハンナリーズアリーナ
ハンナリーズアリーナ

ハンナリーズアリーナは京都市内で最大規模を誇る体育館で、プロバスケットリーグチームの京都ハンナリーズのホームアリーナ。バスケットボールのコートを3面とることができ、観客席は2500席。車いす専用スペースも用意されている。バスケットボールのほか、バドミントンや卓球、フットサル、バレーボール、剣道など、さまざまな室内競技の大会や練習に利用できる。

京都アクアリーナ
京都アクアリーナ

京都アクアリーナは、国際大会の開催が可能なプール施設。メインプールのほか、球技大会も開催可能な飛び込みプール、一年を通して使用できる温水のサブプールなどの設備がある。また、京都府内唯一の屋内スケートリンクや、ウエイトトレーニング機器がそろったトレーニングルームやスタジオ、アーチェリー場などの施設がある。公園内にはジョギングコースもあり、スポーツに親しむことができる、市民の憩いの場になっている。

西京極総合運動公園
所在地:京都府京都市右京区西京極新明町
電話番号:075-315-4561
http://www.kyoto-sports.or.jp/facilities..

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ