皇室の崇敬厚い奈良春日大社分霊

京都西院 春日神社

京都西院 春日神社
京都西院 春日神社

平安初期に、ときの天皇である淳和天皇が淳和院(西院)に、自身の守り神として奈良春日大社から分霊を勧進して以来の歴史を持つ古社「京都西院 春日神社」。崇子(たかこ)内親王が病に伏した折、神前の霊石に祈願して快癒したことから、歴代の皇室が病気平癒・厄除けの神様として信仰してきた。現在は皇室だけでなく、一般の人も病気平癒を祈願するために全国から訪れている。10月第2土・日曜日には例大祭「春日祭」が開催され、重さ2トンの神輿と総勢1,000名が無病息災と五穀豊穣を願って右京区内を練り歩く。

京都西院 春日神社
所在地:京都府京都市右京区西院春日町61 
電話番号:075-312-0474
http://www.kasuga.or.jp/

詳細地図

あわせて読みたい。関連ページ