エリア概要コラム

京都の趣を感じ、
日々に彩りを添える御所南での暮らし

「京都御所」
「京都御所」

京都市街の中心部に位置する御所南エリア。「京都市役所」を中心に、大通り沿いには歴史ある建造物も点在するほか、路地には京長屋も多く残る。北には「京都御所」の緑、東に鴨川・高瀬川の潤いや先斗町、木屋町の飲食店、南に四条河原町や新京極、錦市場などの賑わいがあり、京都の趣を身近に感じることができる。

優れた住環境が魅力のエリア

バス便も充実しているのでちょっとしたお出かけの際も便利
バス便も充実しているのでちょっとしたお出かけの際も便利

御所南エリアは、交通アクセスに優れた場所。地下鉄烏丸線「丸太町」駅や「烏丸御池」駅まで徒歩圏内であり、「丸太町」駅から「四条」駅へは2駅約4分。「四条」駅からは、阪急京都線「烏丸」駅に乗り継ぐことができ、東へ一駅で「河原町」駅となる。「河原町」駅からは、鴨川の流れを見ながら四条大橋を渡ると「京都四條 南座」が見え、その先には茶屋や飲食店が建ち並ぶ華やかな「花見小路通」となり、祇園の街並みを楽しめる。

「京都」駅へも京都市営烏丸線を使い、約7分でダイレクトアクセスが可能
「京都」駅へも京都市営烏丸線を使い、約7分でダイレクトアクセスが可能

御所南エリアから直接、四条河原町や祇園をめざすならバスやタクシーが便利。バスなら「烏丸丸太町」停留所から10号系統で「四条河原町」へ、202号系統で「祇園」や「清水寺」の停留所へ行くことができる。タクシーでも祇園へは3kmほどとアクセスしやすい。さらに、人気の観光地「金閣寺」へも204号系統バス1本なので、気軽に行くことができる。また、「丸太町」駅からJR京都線や新幹線に接続している「京都」駅へは、4駅約7分。新幹線に乗っての移動もスムーズだ。

「京都第二赤十字病院」
「京都第二赤十字病院」

さらにいざというときにも安心な医療施設も充実。周辺には内科、皮膚科、耳鼻科、歯科など各種クリニックが数多く揃う。さらに、「京都府庁」の南には救命救急センターを備えた「京都第二赤十字病院」が、六角通新町には内視鏡治療や糖尿病治療に定評のある「京都逓信病院」があり、規模の大きな総合病院で高度な医療も受けることができる。

「京都御苑」
「京都御苑」

御所南エリアは、文化や歴史を感じられるゆとりある環境。794(延暦13)年の平安遷都以来、東京へ移されるまで京都には都がおかれていた。明治時代になり、天皇の住まいであった「京都御所」が整備され、1949(昭和24)年に「京都御苑」として現在のような公園が開園した。苑内では梅、桃、桜、紅葉などを楽しむことができ、市民の憩いの場となっている。

こだわりのショッピングを満喫

「清課堂」
「清課堂」

自宅のすぐ近くでこだわりのお店に出会えるのも、御所南エリアで暮らす魅力のひとつ。錫や銀の器など金属工芸品で知られる「清課堂」や、塗りや蒔絵の漆器を取り扱う「京漆器 象彦 京都寺町本店」では、日常に取り入れたい上品な工芸品を買い求めることができる。また、ふっくらと炊いた佃煮昆布を四角く切った「色紙昆布」が名物の「富起屋」や、メディアに取り上げられることも多い手作り湯葉の「半升」など、京都らしい美味が気軽に味わえるのもうれしい。

河原町・祇園の華やかな楽しみ

最先端のショップが並ぶ河原町や、京都らしい華やかな街並みが美しい祇園は、京都随一の観光名所。「祇園町」が誕生したのは江戸時代初期にさかのぼる。豪商であった角倉了以が1614(慶長19)年に運河「高瀬川」を開削。物資の輸送が頻繁に行われ、周辺には問屋などがおかれるようになった。1670(寛文10)年には鴨川の護岸工事も行われ、川の周辺には1672(寛文12)年に「祇園町」が誕生し、茶屋のあるにぎやかな繁華街となった。今もなおその風情は残り、「花見小路通」などを歩くと、舞妓さんや芸妓さんを見かけることもある。

京都四條 南座
京都四條 南座

この地に「京都四條 南座」が設けられたのも江戸時代。元和年間(1615~1623年)にこの地域に認められた七座の芝居小屋のうちのひとつで、日本最古の劇場といわれる。現在は、国の登録有形文化財であり、京都市の歴史的意匠建造物にも指定されている。そのほか、周辺エリアには千年を超える古い歴史を持つ「八坂神社」をはじめ、「知恩院」、「建仁寺」、「高台寺」、「清水寺」など多くの寺社仏閣が残されている。

京都の美しい街並みにふれながらゆとりある日々を送る
京都の美しい街並みにふれながらゆとりある日々を送る

また、祇園でのグルメも大きな魅力。伝統的な舞や歌で宴席を盛り上げてくれる舞妓さんや芸妓さんも欠かせない存在だ。茶屋のお座敷に呼ぶことができ、近年では「一見さんお断り」ではなく、予約をして華やかな宴席を楽しめるお店もある。また、春の「都をどり」といった舞台でも、芸妓さんたちの艶やかな舞を楽しむことができる。

「祇園丸山」
「祇園丸山」

祇園では、和食の名店も数多くある。「祇園丸山」は、木屋町「菊乃井」(現・「露庵菊乃井」)や高台寺「和久傳」の料理長を務めた丸山嘉桜さんが店主を務める料亭。四季折々の旬の食材を使った料理は、五感すべてが満たされるかのよう。ほかにも、この界隈には「未在」、「炭火割烹 いふき」といった名店があり、グルメの魅力は尽きない。

伝統ある京都西陣に吹く新しい風

「House of Hosoo」
「House of Hosoo」

工芸の世界でも、伝統を守りながらも新しい動きがみられる。「GO ON」は、京都の伝統工芸品を継承し、国内外へのさらなる発展を目指して活動しているクリエーティブユニット。新ブランドの「Japan Handmade」はミラノやパリでの展示会で高い評価を得たという。メンバーのひとりでもある細尾真孝さんは、西陣織の老舗「細尾」の12代目。西陣でオシャレなショールーム「House of Hosoo」を展開するなど、伝統ある西陣は京都市内の中でも特に世界から注目を集めるエリアとなっている。

祇園や河原町へもすぐの御所エリア。さまざまな文化や歴史にふれることができるこの街での暮らしは、唯一無二として時間として日常に彩りを添えてくれることだろう。

あわせて読みたい。関連ページ