大学とともにつくる新しい街、同志社山手に住まう

同志社山手は、京田辺市の「三山木」駅が最寄りとなるエリア。関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の北部にあたり、「安心」「子育て・教育」「環境」の3つのテーマをコンセプトとしたまちづくりが進められている。周辺には緑が多く、駅を挟んで西側には木津川も流れるなど、自然豊かな環境が魅力といえる。

まちづくりのコンセプト

同志社山手のまちづくりのコンセプトは「安心」「子育て・教育」「環境」。「安心」の基礎となるのは、地域住民の自然な交流から生まれる活気あるコミュニティ。子どもたちの笑顔があふれ、家族がいきいきと安心して暮らせるまちづくりが推進されている。

「子育て・教育」でめざすのは、「知育」のみならず「美育」「体育」「徳育」にも注目し、地域全体で子どもの成長を支える魅力的な子育て環境。同志社大学に近接していることから、将来的には、大学生はもちろん、留学生との交流や生涯学習プログラムへの参加なども計画されている。

「環境」面では、緑あふれる京田辺丘陵を舞台に、心も体も健康に暮らせるまちづくりをめざしている。さらに低炭素社会の実現のため産官学民が共同で、同志社山手エコタウンプロジェクトを推進中。経済産業省の「次世代エネルギー・社会システム実証地域」に指定され実証事業も行われるなど、省エネやエコへの取り組みが展開されている。

同志社大学との連携も活発

自然と歴史が融合する、「良心」を原点とした学び舎「同志社大学京田辺キャンパス」
自然と歴史が融合する、「良心」を原点とした学び舎「同志社大学京田辺キャンパス」

同志社山手では、この地区に隣接する同志社大学と、UR都市機構などが提携して、地域をますます魅力的にする取り組みも行われている。

同志社大学による「けいはんな知的特区活性化デザインの提案 ~環境・都市再生の教育プログラムによる学生参加の街づくり~」の取り組みが、文部科学省の「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」(社会的要請の強い政策課題に対応したテーマの取り組みに対して財政支援を実施)に採択されたこともあり、地域・大学・学生が連携してまちづくりが展開されているのだ。

この取り組みで同志社大学は、「環境共生」「国際交流」「多世代交流」をテーマとしたプロジェクトを実施。地域の活性化のために、学生が中心となり、自治体や商工会を巻き込んだ活動が行われた。現在すでに現代GPは終了しているものの、地域をキャンパスとした学生の学びや地域との連携は引き継がれている。

京田辺市の子育て支援

京田辺市役所
京田辺市役所

京田辺市では、子どもの医療費の助成制度として、「子育て支援医療費助成制度」を実施している。対象となるのは、京田辺市に住所のある0歳から中学校卒業までの子ども。病院などで診療・治療を受けた際に、1つの医療機関につき1カ月200円までの負担ですむ。

また、市役所の近くには、子育てひろば「てふてふ」も開所。0~3歳の乳幼児とその保護者、妊婦が利用できる施設で、親子の交流と遊び場・子育てに関する情報提供の場となっている。

さらに「三山木」駅からほど近い「三山木保育所」には、未就園児とその保護者が自由に遊べる地域子育て支援センターも開設されている。保育所の部屋を開放しているほか、子育て講習会やすくすく子育て相談などのイベントも開催している。

近隣都市へのアクセスも良好

同志社山手からは、JR学研都市線と近鉄京都線の2路線が利用可能で、京都・奈良・大阪へのアクセスもスムーズ。最寄りとなるJR「三山木」駅からは学研都市線を利用でき、「奈良」駅まで約18分、「京橋」駅まで約40分、「北新地」駅まで1時間弱でアクセス可能。

また、近鉄「三山木」駅から近鉄京都線を利用すれば、「近鉄奈良」駅へ約19分、「京都」駅へ約26分、「大阪難波」駅へも1時間ほどでアクセスができる。

自動車交通の面では、京都・奈良・和歌山を結ぶ国道24号や京奈和自動車道が通り、レジャーなどにも便利となっている。

買い物は駅周辺が便利

サンディ 三山木店
サンディ 三山木店

毎日の買い物には、「三山木」駅周辺のスーパーマーケット「サンディ 三山木店」や「サンフレッシュ 三山木店」、ドラッグストアの「キリン堂 三山木店」などがおすすめ。またJAが運営する「農産物直売所にこにこ市」も、採れたて野菜が手に入るとあって地元で人気となっている。

アル・プラザ京田辺
アル・プラザ京田辺

JR学研都市線で2駅京都よりの「京田辺」駅まで足をのばすと、スーパーと多彩な専門店が入る「アル・プラザ京田辺」もあり、充実のショッピングを楽しめる。

同志社山手は環境も抜群

同志社山手の魅力はなんといっても、四季折々の表情を見せる自然が身近で、潤いのある毎日を過ごせること。エリア内にある「さくらの丘公園」「西平川原公園」は開放的な雰囲気で、のびのびと体を動かしてリフレッシュできる。

また、市役所のすぐ近くには、体育館、プール、多目的運動広場、野球場、テニスコートなどの施設が集まる巨大な「田辺公園」がある。この公園には、子どもが大好きな遊具や、ついつい試してみたくなる健康器具もたくさんあり、お弁当を持ってきて一日中遊ぶことができる。

休日には、奈良の街まで出かけてみるのも楽しい。電車で気軽に行ける近さも魅力。「興福寺」や「東大寺」、「奈良国立博物館」などで歴史に思いをはせたり、老舗和菓子店や町家を改装したカフェで和スイーツをいただいたり、のんびりした時間を過ごすことができる。