伏見区中書島エリアの概要コラム

城下町、酒造りの街として栄え、情緒漂う京都市伏見区横大路下三栖

京都市伏見区横大路下三栖は、京阪電車「中書島」駅の北側に広がるエリアだ。エリアの南側には宇治川が流れ、自然環境にも恵まれた閑静な佇まいの住宅地が広がる。

「伏見城」の城下町として発展

豊臣秀吉は天下統一を成し遂げたのち「伏見城」を築き、伏見は城下町として発展した。「伏見城」周辺には大名屋敷が立ち並んでおり、現在も残る桃山町三河(徳川家康)や桃山町治部少丸(石田三成)という地名は大名の名前や領国に由来するものだ。その後、「伏見城」の本丸跡を中心として、明治天皇の陵墓である「伏見桃山陵」が造営された。現在、「伏見桃山陵」周辺は「伏見桃山城運動公園」として整備され、天守や大手門などが復元されている。

水運の拠点としてにぎわっていた「伏見港」
水運の拠点としてにぎわっていた「伏見港」

また、伏見には秀吉により「伏見港」が整備され、水運の拠点として発展した。江戸時代には角倉了以らにより高瀬川が開削されると、水運は大阪と京都間の物資の輸送の主力となり、多くの「十石舟」や「三十石船」が行き交った。伏見は京阪の中継地点として現在の京橋周辺は多くの旅人や商人で賑わっていた。「伏見城」の外堀であった濠川(ほりかわ)では復刻された十石舟、三十石船が観光船として季節運航されており、当時の面影を偲ぶことができる。

歴史に名を残す「寺田屋」
歴史に名を残す「寺田屋」

幕末の伏見では船屋の「寺田屋」で坂本龍馬が襲撃された「寺田屋事件」や「鳥羽・伏見の戦い」も起きるなど、激動の時代の舞台となった。「寺田屋」は現在も旅館として営業しており、資料などを見学することが可能だ。

酒造りの町、伏見

伏見はかつて伏水とも表記され、質の良い地下水が得られる土地であった。この地下水を活かし、伏見では酒造業も栄えた。古くから残る「富翁」の北川本家や「月桂冠」のほか、現在では「黄桜」、「宝酒造」など多くの蔵元がこの地で酒造りを続けている。

「御香宮神社」の湧水をはじめ伏見には良質の水が湧く
「御香宮神社」の湧水をはじめ伏見には良質の水が湧く

「御香宮神社」も境内から香りの良い水が涌き出ていたことから名付けられたと言われ、この湧水は京都を代表する名水として『名水百選』にも選ばれた。

最寄り駅は京阪電車の特急が停車する「中書島」駅

京阪本線と京阪宇治線が乗り入れる「中書島」駅
京阪本線と京阪宇治線が乗り入れる「中書島」駅

横大路下三栖を暮らしの場として考えると、交通アクセスの利便性は大きな魅力になるだろう。「中書島」駅からは京阪本線と京阪宇治線を利用でき、「三条」駅や「祇園四条」駅など京都市中心部にダイレクトアクセス可能。「中書島」駅には特急も停車し、大阪市中心部の「淀屋橋」駅まで約40分でアクセスできる。エリアからは近鉄電車「桃山御陵前」駅やJR奈良線「桃山」駅も徒歩圏内で、目的地によって使い分けることが可能だ。

国道1号京阪国道をはじめ国道24号など幹線道路が近い横大路下三栖は自動車の利用もしやすい。名神高速道路の「京都南」ICや阪神高速京都線の「伏見」出入口、「城南宮南」出入口も近く、高速道路にも短時間で乗ることができる。

阪神高速京都線を南に向かえば、「久御山」JCTで京滋バイパスや第二京阪道路と接続し、高速道路・自動車専用道路ネットワークを使いやすい。第二京阪道路は2010(平成22)年3月に全線開通しており、さらに便利になった。

スーパーマーケットや商店街が近く、買い物も便利

「イオン 伏見店」などスーパーマーケットが充実
「イオン 伏見店」などスーパーマーケットが充実

横大路下三栖は買い物の利便性も高い。スーパーマーケットは「イオン伏見店」、「阪急オアシス 伏見店」など大型店が充実し、日常の買い物で遠くまで出かける必要がない。

多彩な店が集まる「伏見大手筋商店街」
多彩な店が集まる「伏見大手筋商店街」

エリアの北側、「伏見桃山」駅周辺には長い歴史を誇る「伏見大手筋通商店街」があり、老舗の店も並ぶ。商店街を散策がてら買い物をするのも楽しいひと時になるだろう。

「京都市伏見区役所」にも短時間でアクセス可能
「京都市伏見区役所」にも短時間でアクセス可能

「伏見桃山」駅周辺には「伏見区役所」や「京都市伏見中央図書館」などが集まる。横大路下三栖からこれらの施設は徒歩でアクセスできる距離にあり、行政手続きや公共サービスの利用がしやすいことも魅力だ。

公園やスポーツ施設も充実

「伏見港公園」のテニスコート
「伏見港公園」のテニスコート

横大路下三栖周辺は「伏見公園」や「三栖公園」など子どもの遊び場や地域の人々の憩いの場として親しまれている公園も多い。エリアの南側にある「伏見港公園」には体育館やテニスコート、プールなどスポーツ施設も揃い、身近で体を動かしてリフレッシュできることもうれしい。

城下町、舟運の拠点として栄えた面影が残る京都市伏見区横大路下三栖。ここでは長い歴史が醸し出す豊かな風情の中での暮らしが心地よい。