伏見の潮流を堪能できる美酒と旬彩料理

月の蔵人

「月の蔵人」
「月の蔵人」

最寄は京阪電車「伏見桃山駅」(徒歩6分)、「中書島駅」(徒歩8分)、近鉄「桃山御陵前駅」(徒歩8分)。伏見桃山といわれるこのエリアでは、綺麗な地下水が酌めることで古くから酒造メーカーの酒蔵が多く立ち並び、歴史と情緒の趣を感じる街並みとなっている。

店内のつくりはかつて酒蔵だったことを感じさせる
店内のつくりはかつて酒蔵だったことを感じさせる

1913(大正12)年に建てられた月桂冠の酒蔵の一つを改装して営業している「京の台所 月の蔵人」。オープンは2002(平成14)年8月。当時は酒蔵周辺で飲食営業を行なうお店が少なかった。綺麗な地下水が酌める伏見で、おいしい美酒と、日本酒と合う季節・月・日替わりで変わる幅広い旬彩料理を味わってもらおうというコンセプトから「月の蔵人」は始まった。

「ざる豆腐」
「ざる豆腐」

豆腐・豆乳・ゆば、冬はかす汁など、”綺麗な水と良い酒”を必要とする食材は特におすすめである。180人を収容できる席と天井の高い広くゆったりとした空間でお酒と料理を楽しむことができる。「水が命」と言われている豆腐のなかで当店が推しているのが「ざる豆腐」。食べ方は、最初はそのまま、次に出汁か3種類の塩でいただく。もちろん日本酒は外せない。升の3つの中から用意された”あたり酒”(写真手前)と同じお酒を当てると無料で提供している「利き酒セット」は少しでも日本酒を楽しんでもらうためのユニークな企画。

「利き酒セット」
「利き酒セット」

酒蔵周辺では竜馬ゆかりの「寺田屋」、十石船の乗船など歴史を堪能できる散策も面白い。年間を通じて地域一体となった催しが盛んで、そうした街の活気を感じられるのも伏見の魅力だ。

月の蔵人
所在地:京都府京都市伏見区上油掛町185-1 
電話番号:075-623-4630
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:無休
http://19an.com/kurabito/

詳細地図